konstruktor

世界初の自分でつくる

35mm一眼レフカメラ

写真の本質まで全てを体験しよう

DIY好きや、学ぶこと、仕組みを理解すること、そして、どのようにアナログカメラが動くのか体験することに興味がある人にとってパーフェクトなカメラ、Konstruktorは、家で簡単に組み立てることができる機能的な35㎜一眼レフカメラです。

組み立てる過程が非常に楽しいだけでなく、写真の本質を学ぶことができ、さらにシャープで鮮やかなアナログ写真を撮影することができます。今こそ、エキサイティングな写真体験の次のステップへと踏み出す時。あなたのクリエイティビティーはこれまで以上に大きく上昇します。Konstruktorは、美しいアナログ写真を撮影できるに留まらず、自分でKonstruct(組み立てる)することができちゃうんです!

sample photos

アバウト

仕組みを学ぼう

デジタル世界では、私達は複雑で裏側に隠れた発明を当たり前のように受け入れます。一見シンプルに見えるアナログカメラ。でもどうやってアナログカメラが動くのかあなたは本当に知っていますか?どうしてボタンを押すだけでフィルムにイメージを焼きつけることができるのでしょうか?撮影をする時の内部の動きってどうなっているのでしょうか?

そんなあなたにKonstruktorがアナログカメラの仕組みを分かり易く解説します。自分で土台から最後の仕上げまで組み立てることにより、アナログ写真の裏にある、入り組んだ構造への理解が深まるでしょう。たくさんの楽しみがあるプロセス、Konstruktorの組み立てはとても簡単です。完成までには、おおよそ、1~2時間程かかるでしょう。そして最後にはついに、実際に動く一眼レフカメラを手にすることができます!

新しいクリエイティブなツールボックス

Konstruktorには多くのしかけが融合されています。カメラを組み立て終わると、あなたは素晴らしくシンプルながら大いに利口な写真機械装置の所有者となるでしょう。Konstruktorは通常の‘N’と長時間露光の‘B’のシャッタースピードを装備しています。もちろん、長時間露光の際にしっかりと固定する為の三脚穴もあります。シャッターレリーズと巻上げは分離されているので、簡単に多重露光写真を撮影することができます。

packaging

何を撮るのか見れる

Konstruktorはロモグラフィー初のSLRカメラです。SLR、つまり「一眼レフ」。このタイプのカメラでは、撮影するものと全く同じ景色をファインダーから見ながら、フォーカスを合わせることができます。上から覗くビューファインダーより被写体を見て、レンズのリングを使ってフォーカスを合わせましょう。ビューファインダーにはルーペがあり、しっかりとフォーカスを確認しながら、よい構図を選ぶことができます。

あなたの制作品をカスタマイズ

Konstruktorを組み立て終わったら、デコレーションをしましょう!このカメラには貼りつけ可能な赤、黒、白のレザーステッカーが付属しています。出来上がったばかりのカメラの見た目は真っ黒で退屈でしょ?ステッカーやレザーを貼りつけて、あなただけのカメラに仕上げてください。もちろん、真のロモグラファーには、ルールを忘れるという選択肢もあります。ユニークなスタイルにKonstrucktorを飾り付けましょう。

スペック:

  • 35mm (135)フィルム使用
  • 取り外し可能な 50mm f/10 レンズ
  • シャッタースピード: 1/80秒、多重露光撮影可能
  • 焦点: 0.5m – 無限
  • カメラサイズ: 121 × 33 × 65mm

組み立て方

Konstruktorカメラの新しいオーナーになったことを誇りに思いますか?これから何かアメージングな写真をこの35mm一眼レフカメラで撮影することが楽しみで仕方がないですよね。このガイドでは、簡単にこのカメラを作る為のステップをご紹介します。

  1. カメラのパーツを並べましょう

    konstruktor how to build foundations konstruktor how to build foundations konstruktor how to build foundations
    • これらの図表はカメラのパーツをお見せしています。
    • あなたがKonstruktorを手に入れたばかりの時、カメラのいくつかのパーツはパーツグリッドの中にプラモデルの様におさまっているでしょう。あなたの為に組立プロセスを簡単にさせるため、いくつかはすでに組み立てられています。始める時にするべきことは、あなたが持っている全てのカメラパーツをチェックして、各項目で図表と比較して合わせ用意することです。パーツの番号は説明書の一番最後のページにあります。この準備により組立プロセスの各ステップが簡単になります!

      *ネジはほとんど予備がついていないのでなくさないようにご注意を!広い机に広げて組み立てを行って下さい。
  2. レンズの組み立て方

    テキスト 動画
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: S1ネジx4、S4ネジx2、B16、 B17、 B18、 A8

    1. 構造図
    2. まずパーツB16とB18を結合されます。それから2つのS4ネジをパーツB16の側面に差しこんで締めます。
    3. B16/18とパートB17を連結させます。
    4. それからB16/17/18をパーツA8に結合させます。パーツA8はグリット内にあります。
    5. パートA8の上部にS1ネジを4つ取り付けます。
    6. レンズの完成です。
  3. フードビューファインダーの組み立て方

    テキスト 動画
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: A7, A12, A13, A14, P11, B27

    1. 構造図
    2. パートP11をA12の上にはめてください。きちんとはまるとA12が上に開きます。
    3. パーツA13とA14をフードビューファインダーの側面にはめ込みます。
    4. パーツA7に拡大ルーペB27を取り付けます。上下にご注意を。
    5. P11にA7を留めます。
    6. フードビューファインダーの完成です。
  4. カメラボディーを組み立てる

    テキスト 動画
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: S2ネジx1、P8、B9、B21(説明書のパーツではB20?)

    1. 構造図
    2. このステージの為に必要なパーツ
    3. カメラボディーB21(B20)にバネB9を取り付ける位置を図と確認しましょう。
    4. P8とB9を組み合わせます。接合させた時、バネB9の上部のひっかかりがP8の上に見えるはずです。
    5. P8へネジS2を締めます。
    6. 6. 装置が完成しました。
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: B20, B22, P4

    1. 構造図
    2. このステージではこのパーツが必要です。
    3. レバーP8を動かします。そうするとパーツB22を配置するスペースができます。挿入する位置を確認して下さい。
    4. カメラボディーの下部の溝にP4を差し込みます。P4の溝にパーツB22を押し込んでP4のギアを固定します。
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: ネジS2 x1、P1、P2、P3、P9、B4

    1. 構造図
    2. このステップに必要なパーツ
    3. B4にパーツP1を置きます。それからパーツB4をしっかりとはめ込みます。カメラボディーの下部の小さな穴にB4の下部が入らなくてはいけません。上から強く押すとはまります。
    4. カメラボディーのP9にネジS2をねじ込みます。ネジを締めても、P9はまだ自由に回ることができるようになっているはずです。
    5. カメラボディーにP3を取り付けます。
    6. P1のギアにP8がロックされる位置までこの方向でこのステップの構造図デモンストレーションのため先ほど組み立てたP4を回転させます。
    7. 固定された位置にP8を保ったまま、P1の上にパーツP2を加えます。
    8. 装置が完成しました。
  5. その他パーツの組み立て

    テキスト 動画
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: S3ネジx1、A10、B7、B13、B

    1. 構造図
    2. 巻き戻しキーの為の必要パーツ
    3. A10とB7を接続します。それから、ネジS3を上部でそれらを一緒に抑えるように締めます。
    4. 光学ユニットの上にマット面を下にして、B13を置きます。
    5. シートのヘリにご注意ください。これは光学ユニットの上のヘリにフィットするように組み立てなくてはいけません。
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: S2ネジ x4、B10、B21、B24、P12、B25、B26

    1. 構造図
    2. 次のステップに必要なパーツ
    3. 図面で見えているようにB24とB10を取り付けます。
    4. 構造図は、次のステップをお見せしています。
    5. 図面で見えているようにP12を取り付けます。このステップの一部として、あなたはパーツB10(カメラボディーに取り付けられている金属の部分)をP12の上にひっかける必要があります。針を使うことはこのやっかいな部分の組み立てプロセスを行う為によいトリックです。
    6. P12にネジS2x3を取り付けて固定します。
    7. 写真のようにパーツB26を加えます。
    8. ネジS2を1つ使って、B26をネジで固定します。
    9. B25を上からのせます。
  6. 各要素をつなぎ合わせる

    テキスト 動画
    konstruktor konstruktor

    必要パーツ: P10とカメラカバー前面

    1. 構造図
    2. 写真のようにカメラカバーにP10を接合します。 方向にご注意。
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: S3ネジx2、B、B19、 B21、 N1

    1. 構造図
      • ステップ a) – カメラボディーのフィルムカートリッジ部分に裏蓋のB19を取り付けます。上下を間違えて持つとパーツが落ちるのでご注意を。
      • ステップ b) – 写真のようにカメラボディーへ三脚ネジN1を取り付けます。
      • ステップ c) – 写真のように全てのカメラボディーパーツを組み合わせます。2つのネジでS3をB21の側面にねじ込みます。
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: ネジS3 x4、A11、カメラボディー

    1. 構造図
    2. カメラボディーにA11を加えます。
    3. S3ネジを4つ使用して、しっかりと固定します。
    4. このステップが完成された後の状態
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: ネジS3 x1、巻上げキー、A1, A4, A6, B30, B31

    1. 構造図
    2. このステップに必要なパーツ
    3. カメラボディーに巻き戻しキーを取り付けます。
    4. シャッターボタンA6を取り付けます
    5. A4/B30 をのせます。P8は固定された位置に保ったまま、A4が‘21’に合うように移動します。
    6. A1へバネB31を取り付けて、カメラボディーに押しこみます。
    7. S3と位置をネジ締めします。
    8. 装置が完成しました。
    konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: ネジS3x1 、A5(説明書のパーツではA3?)、フードビューファインダー、カメラボディー

    1. 構造図
    2. 全てのフード羽を広げてから、カメラボディーの溝にスライドさせます。
    3. カメラボディーにパーツA5(A3)を取り付けます。
    4. S3でネジ固定します。
  7. 組立の仕上げ

    テキスト 動画
    konstruktor konstruktor konstruktor
    1. 構造図
    2. レンズ固定器具を押さえ、撮影レンズを回してロックします。レンズはクリック音の後正しく組み込まれます。
    3. カメラボディーの上に撮影レンズが挿入された時、アンロックマークとマッチします。
  8. 最後の仕上げ

    テキスト 動画
    konstruktor konstruktor konstruktor

    必要パーツ: B28, B29, 追加のステッカー

    1. 構造図
    2. 完成されたレンズにこの黒いステッカーを加え、ネジを隠します。
    3. Konstruktor ラベルを加え、他のステッカーであなたのカメラを飾り付けましょう!

撮影方法

フィルムを選ぼう

Konstruktorカメラが出来上がったら、撮影に取りかかる前に仕事に見合ったフィルムを選択する必要があります。このハンディーガイドを使って撮影状況に合わせた正しいフィルム感度を選びましょう!

konstruktor

フィルムの装填

  1. フィルムドアロックを解除し、フィルムドアを開けます。
  2. 巻き戻しダイヤルを2度目の止まる位置まで引き上げます。
  3. フィルムはフィルム室に装填します。
  4. 巻き戻しダイヤルを下まで優しく戻します。巻き戻し軸がフィルムカートリッジと連動するようにしてください。
  5. フィルムの先端を持ちます。そのままゆっくりとフィルムをカートリッジから引き出し、巻上げスプールにフィルムをさし込みます。その際、スプロケットギアの歯にフィルム穴がきちんと噛んでいるかを確認してください。
  6. フィルム巻き上げダイヤルを1フレーム分回転させて下さい。フィルム穴にうまくギアが入っているかを確認して下さい。
  7. 矢印の方向に巻き上げウィールを軽く回し、フィルムがピンとなるように張り出します。
  8. フィルムドアを閉める前にフレームカウンターを36にして下さい (36枚撮りフィルムを使用した場合 / フィルムカウントダウンシステムを採用しています。カウンターが1になったら撮影終了です)。
  9. フィルムドアを閉め、フィルムドアロックもしっかりと閉めて下さい。
  10. フィルムを2フレーム分送ってください。フィルムがちゃんと送られているかは、フィルム確認マークで確認して下さい。

撮影準備と被写体のフレーミング

撮影をする際は、まずフードビューファインダーを開け、内側のカバーを立ち上げます。(移動時や撮影終了時にはフードビューファインダーを閉じて下さい。)

フードビューファインダーに投影されたイメージを使って、フォーカスを合わせたり、被写体を選択したりすることができます。カメラは胸か肩の高さに構えると良いでしょう。フードビューファインダーを使用して縦長のイメージを撮影する時は、右に向けてカメラを構えたアングルで撮影することができます。まるで撮影していないように写真を撮る事が出来ますが、悪用は禁止ですよ!フードビューファインダーは頭の上の方へカメラを向け、下からも覗くことができます。

例えば頭の上の雲を撮影する時に便利です。正確なフォーカスは、レンズフードにあるルーペを使って合わせることができます。

レンズの操作

Konstruktorに搭載されているレンズは絞り固定レンズです。レンズリングを回すことで、フォーカスを調整することができます。カメラボディーとレンズリングの距離が近い時は、遠い場所の被写体にフォーカスが合っているはずです。レンズを右に回すと、レンズはカメラボディーから遠ざかります。あなたの近い場所にある被写体にフォーカスが合うはずです。レンズは0.5mの距離からフォーカスを合わせることができます。

シャッター操作

  1. Konstruktorのシャッターを操作する為には、ミラーリセットノブを回して、まずミラーを開ける必要があります。
  2. 次にシャッターモードを通常露光モードのN (1/80s)と長時間露光モードのB (バルブ)より選択します。
  3. ピントを合わせて撮影準備が整ったら、シンプルにシャッターボタンを押すだけで写真が撮影できます!

フィルムの巻き戻し

撮影が終了したらフィルムを巻き戻します。ここで一番重要なことは、フィルムがカートリッジに完全に巻き戻るまで絶対にフィルムドアを開けないこと!もし仮に開けてしまった場合は、撮影した写真が全て真っ白に感光してしまいますので、ご注意を。

  1. 巻き戻しノブを矢印の方向に回します。この際、一緒にフィルムカウンターとフィルム巻き上げノブも回転するので、その二つを手で押さえないようにして下さい。一定時間回し続けると、巻き戻しノブが軽く回転するようになる瞬間が訪れます。
  2. フィルムドアを開けて下さい。
  3. 巻き戻しダイヤルを持ち上げてフィルムを取り出しましょう。
sample photos

Extras

Konstruktor Accessory Kit

Unleash your Konstruktor camera’s full creative potential with this kit, which includes the DIY Close-Up Lens and Macro Lens and a Magnifying Chimney Hood Kit. The lenses allow you to go up close to your subject for breathtakingly sharp photos, while the hood kit helps you get a brighter, magnified image view in your Konstruktor camera.

konstruktor accessories

Konstruktor Transparent Collector’s Edition

Ever wished you could take a peek inside an analogue SLR camera? This collector’s item will satiate your curiosity! While it is not intended for photographic use, the Konstruktor Transparent makes a great accessory for your home or work space.

konstruktor accessories

インタビュー

konstruktor

フルネーム: Simon Vidal

ユーザーネーム: lavisionmd

撮影場所: ウィーン

インタビューを読む→ →
konstruktor konstruktor

あなたについて何か教えて!

ウィーンのロモグラフィー本社で働いているよ。クリエイティビティーに強く惹かれていて、アナログ写真とエレクトロニックミュージックに夢中。

Konstruktorを体験してみてどうだった?

器用ではないけど、自分で創るってクールだね。組み立てプロセスの中で難しい場面には出くわしたけど、カメラから現れた写真にわくわく驚かされた!

Konstruktorの一番好きな所は?

自分で創ったカメラって、君も特別に感じると思うよ。チャレンジと報いが両方ある。

Konstrukutorで撮影したり制作したりするときに何か面白い出来事はありましたか?

初めて、ネジを仕分けした時が厄介な瞬間だったってことは言っておきたい。

これからKonstruktorを使う方になにかアドバイスはありますか?

このカメラはポートレートにとってもいいよ。小さなルーペを使って正しくフォーカスできる。上手く使えば、がっかりしないよ!

konstruktor

フルネーム: Pasquale Caprile

ユーザーネーム: pasqualecaprile

撮影場所: スペイン

インタビューを読む→ →
konstruktor konstruktor konstruktor

あなたについて何か教えて!

長く広告写真家をしているよ。それから、ロモグラフィースペインの創立から代表もしている。カメラは私をクレイジーにするんだ。.

KONSTRUKTORを体験してみてどうだった?

このカメラはとても興味深くて楽しい。お尻からも気づかれないようにも写真を撮ることができる。私は自分のカメラを作るっていうアイデアが好きだね。自分のカメラを作ることがひとたびできたら…素晴らしい。値段もいい選択だね。

KONSTRUKTORの一番好きな所は?

レンズが気に入っている。どんなアングルでも優秀なポートレートが撮れるよ。とっても大胆だ。

KONSTRUKUTORで撮影したり制作したりするときに何か面白い出来事はありましたか?

人々は私が狂っていると思い、私が真剣に撮ろうとしていると信じてないことは事実。彼らは驚いて、とても簡単に写真を撮ることを許してくれたよ。たくさんの人にアプローチしたけど、時々こわがられた。

これからKONSTRUKTORを使う方になにかアドバイスはありますか?

君は大胆に、クリエイティブに、とてもクレイジーにならなくちゃいけない。多重露光をして、被写体にできるだけ近づいて。

konstruktor

フルネーム: C.C. Wu

ユーザーネーム: ccwu

撮影場所: 台湾、台北

インタビューを読む→ →
konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

あなたについて何か教えて!

僕はC.C.。2010年からフィルムカメラを使い始めて、以来アナログライフを楽しんでるよ。編集者です。写真、映画、音楽、あちこち旅して回るのが好き。

KONSTRUKTORを体験してみてどうだった?

Konstruktorで初のフィルムを試した後、写真のクオリティーにショックを受けた。おもちゃのようなカメラで撮った写真なんてクオリティーが良くないって決め付けていたんだ。でもナイスだったよ。使い方も簡単。

KONSTRUKTORの一番好きな所は?

カメラのビューファインダー。ビューファインダーを通して低いアングルでも簡単に撮影できる。床に置くこともできるし、構図も簡単。床の上に寝る必要はない!Konstruktorで撮影する写真のアングルは違ったものになるよ。

KONSTRUKUTORで撮影したり制作したりするときに何か面白い出来事はありましたか?

Konstruktorで電車の中で一枚写真を撮ったんだ。混んでいたよ。僕はカメラをドアに置いて、Bシャッターを使ったんだ。後ろに乗っていた人は皆カメラを見ていた。彼らの顔は面白いほどに同じだったよ。みんな「なにそれ?!」って思っていただろうね。

これからKONSTRUKTORを使う方になにかアドバイスはありますか?

もっと多重して。低いアングルを試して。夜写真にはBシャッターを使って。

konstruktor

フルネーム: Maneedang Kulthaveesup

ユーザーネーム: deng

撮影場所: Bangkok, Thailand

インタビューを読む→ →
konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor konstruktor

あなたについて何か教えて!

Lomography Thailandのカントリーマネージャーです。太陽の下で過ごすこと、歴史ある場所を歩くこと、古い建物を見ること、おいしい食べ物探しが好き。

KONSTRUKTORを体験してみてどうだった?

struktorはストリート写真を撮るために使いやすいですね。軽くて、とにかく撮ってフィルムを巻き上げる、とてもアナログな機能。他のカメラとは違うから、ビューファインダーをどうやって見ればいいか学ばないといけないわね。でも思っていたより簡単だったわ。はじめにいくつかの写真を撮れば、どうやって動くのかあなたも分かるわよ。そうしたら残りのフィルムを楽しんでね。

KONSTRUKTORの一番好きな所は?

二眼レフカメラのビューファインダーと同じビューファインダー

これからKONSTRUKTORを使う方になにかアドバイスはありますか?

10ゴールデンルールの最後の1つをお勧めするわ。- 「ルールなんてないさ!」何も心配せずに自由になって、Konstruktorに驚かされましょう。

これでKonstruktorを組み立てる為の十分な知識は得られましたね。さあ、ロモグラフィーオンラインショップまたはセットページを確認することもお忘れなく!セット購入がお買い得です。

ギャラリー

ポートレート

konstruktor

場所

konstruktor

建築物

konstruktor

日中

konstruktor

多重露光

konstruktor

自然

konstruktor
konstruktor
lomography konstruktor lomography konstruktor lomography konstruktor lomography konstruktor lomography konstruktor lomography konstruktor lomography konstruktor
マニュアルをダウンロード