アクセサリー

LomoKino で撮影したアナログムービをLomoKinoScopeですぐに鑑賞し、LomoKino Smart Phone Holderでアナログムービーをデジタル化してみよう!

The LomoKinoScope

LomoKino & LomoKinoScopeに付属しているLomoKinoScope (ロモキノスコープ ) ビューア―は、現像したLomoKino写真を最もアナログな方法でムービーとして見ることができる装置です。LomoKinoScopeフィルムコンテナーにフィルムをセットすれば、ビューア―のレバーを回転させるだけで、あなたの目の前にLomoKinoムービーが映し出されます。下記のガイドを読み、 LomoKino & LomoKinoScope で完全なるアナログムービー体験をしましょう!

 
 

フィルム選び

LomoKinoで撮影したムービーを見る一番簡単な方法は、LomoKinoScopeを通して見ることです。LomoKinoScopeでムービーを見る為には、LomoKinoで撮影の際にカラースライドフィルムを使って撮り、通常のE-6現像液を使ってポジ現像する必要があります。この方法で、あなたは陽画、すなわち、色が反転しない実際に目に見える色の状態でスライドとして見ることができるネガを手に入れることができ、LomoKinoScopeにセットして見ることができます。もしあなたがスライドフィルムを使って、クロスプロセス現像したり、カラーネガフィルムや白黒フィルムを使った場合、フィルムは陰画として仕上がります。陰画は色が反転しているので、LomoKinoScopeのビューファインダーに通しても、色は反転した状態になります。

フィルムの現像

LomoKinoScopeビューファインダーであなたのLomoKinoムービーを見たいなら、現像後のフィルムは切らないように(長巻き仕上げ)現像所に予め伝えてください。(ポジフィルム(カラーリバーサル/スライドフィルム)をポジ現像(E-6)の場合は特にご注意ください。)LomoKinoScopeはフィルム1本分全てのムービーをあなたに見せる為のものです。

    LomoKinoScopeフィルムコンテナーにはあなたの現像済みフィルムを巻き付けて保存することができます。

    LomoKinoで撮影して現像したフィルムが戻ってきたら、LomoKinoScope フィルムコンテナーの一つに保管しておくことをお勧めします。フィルムコンテナーの中に現像されたフィルムを巻き付ける方法:

    • まず、Lomography Film Containerの上部の蓋を外し、中からコンテナースプール(軸)を取り出します。
    • 次に、現像されたフィルムの始まりの場所(露光された真っ黒い範囲があるはずです)を見つけ、反対側のフィルムの終わりの部分(36枚撮りフィルムの場合、"36"と書かれている方)を90°折り畳み(およそフィルム穴2個分程度の長さ)、コンテナースプールの真ん中のスリット内の上下のツメに引っ掛けます。その時、表側(数字が正しい表示で見える方)を上にし、フィルムに記載されている矢印がスプールを指すようにします。
    • コンテナースプールにフィルムを巻き付け、Lomography Film Containerの中にスプールをセットします。これで、鑑賞/保管の準備が完了です。セットする際、コンテナーの中に完全にフィルムが収納されてしまわないように、反対側の端もフィルム穴2個分程度90°に折り曲げコンテナーの割れ目から少し出るようにすることをおすすめします。

    LomoKinoScope Viewerの使い方と動画の鑑賞方法

    フィルムのセット方法とLomoKinoScopeを使った動画の鑑賞方法:

    • まず、LomoKinoScopeのフロントカバーを外します。
    • LomoKinoScopeのフィルム室に、フィルムが入ったLomography Film Containerを入れ、先程少し出しておいたフィルムの先端をLomoKinoScopeの巻き上げスプールのスリットに差し込みます。よりスムーズに巻き上げられるよう、あらかじめフィルムの先端はフィルム穴2個分程度90°に折り曲げてあるはずです。
    • 光が入ってくる部分にきちんとまっすぐフレーム(コマ)が表示されるように、フィルムを調節します。その時、フィルム穴と歯車がぴったりあっていなくても大丈夫です。
    • フロントカバーを閉じ、最初のフレームが出てくるまでレバーを反時計回りに回し始めましょう。最初のフレームまで試し巻きをして鑑賞の用意をします。
    • もし試し巻きのあとにフレームの途中でビューアーが止まってしまったら、ビューアーを開け、フィルムが正確な位置にセットされるまで少し調節してみましょう。これで、フィルムを鑑賞する準備が整いました!
    • ただレバーを反時計回りに回して、アイピース(レンズがついている部分)の中をのぞくだけ!フィルムを最後まで見終わったら、次のフィルムをすぐに装填できるように再びフィルムコンテナーにフィルムを戻しましょう。レバーを時計回りに回すと巻き戻すことができます。

    注意:もし鑑賞時に何かおかしな感触がしたら、すぐに鑑賞を止めてフィルムを取り出し、先述の手順に従って再度フィルムを装填し直してください。そうすることで、誤ってフィルムが損傷するのを防ぐことができます。

    The Smart Phone Holder

    LomoKino Smart Phone Holder

    LomoKino Smart Phone Holderはあなたの撮影したLomoKinoムービーをLomoKino Scopeから手軽にデジタル化することができるアクセサリーです。あなたのスマートフォンのカメラとLomoKino Scope(別売)に取り付け、LomoKino Scopeを手で回しながら録画するだけで、手早く、簡単に、あなたのムービーをデジタル化することができます!

     

    LomoKino Smart Phone Holderの使用方法

    • LomoKino Smart Phone HolderをLomoKino Scopeに取り付ける為に、まずLomoKino Scopeビューワーのラバーリングを引っ張って取り外してください。
    • LomoKino Smart Phone Holderの取り付けプレートを引き出します。
    • LomoKino Smart Phone Holderの穴に、LomoKino Scopeのレンズ部を差し込みます。LomoKino Scopeの向きに注意して下さい。
    • 互換性をよくする為に、互換アダプターリングをSmart Phone Holderに置いて使って下さい。
    • スマートフォンのカメラとLomoKino Scopeのレンズを真ん中にあわせます。
    • スマートフォンがLomoKino Smart Phone Holderにしっかり取り付けられるように留め具を調整します。
    • スマートフォンの「ビデオ撮影モード」を起動します。
    • スマートフォンのカメラレンズとLomoKino Scopeのレンズの位置を微調整するために、留め具板を動かします。スマートフォンの画面中央にフレームが見えるようにして下さい。
    • あなたのスマートフォンで動画を録画しながら、LomoKino Scopeのクランクを回してください。これであなたのムービーはデジタル化されます!
    • 録画が終了したら、スマートフォンを外します。外し方は固定解除ボタンを押すだけです。

    あなたのスマートフォンにこのLomoKino Smart Phone Holderは使用可能?

    LomoKino Smart Phone Holderは現在までに下記機種で使用を確認しています:

    • iPhone 3GS
    • iPhone 4s
    • iPhone 4
    • Samsung Galaxy SII
    • Sony Ray



    上記以外でもスマートフォンが10cm幅までで、上部や角にカメラがあるタイプのスマートフォンであればご使用頂けます。全ての機種をテストすることはできませんので、何卒ご了承ください。